ゲーム紹介

GIGABASH

オススメ度

カワイイ度
難易度
世間の評価
お出かけ感
芸術点
プレイ人数1〜4人
言語日本語版有
体験版-
対応機種
    PS4 PS5(専用)
タイプ
    対戦
画面スタイル
    一画面
カメラ位置
    見下ろし
発売日2022/8/5
販売会社PassionRepublic Games sdn. bhd.

怪獣大戦争!見下ろし視点で、街を破壊しながらド派手対戦格闘!

日本の特撮への愛が詰まった、ド派手演出のバトルロイヤル格闘ゲーム!
地下深く眠っていた巨大怪獣「タイタン」達と、立ち向かう人類の巨大ヒーローが、街を破壊しながら殴り合います!

基本となる格闘要素

簡単操作で、複数の基本技と組み合わせの技を繰り出します。格闘ゲームの核となる「駆け引き」が本ゲームでもしっかり求められます。
キャラ毎に得意な距離感があるので、何度も練習して好みのキャラの特性をモノにしましょう。
弱攻撃・強攻撃・タメ攻撃・つかみ・防御・回避・ジャンプが基本。

フィールドに散らばるオーブや、敵への攻撃等でエネルギーゲージを貯めると、ただでさえ巨大なキャラがもう一回り大きくなる「Sクラス」になります。勝敗に影響する大事な要素なので、発動タイミングを間違わないようにしましょう。
マップ内にたまに登場する「G」マークを取れば、超強力な必殺技を放つことができます。

舞台となるアリーナ

古代遺跡、港街、大都会、ビーチリゾート、工業都市等、アリーナは15種以上
怪獣映画で見たことのあるようなロケーション満載で、いかにも破壊尽くされそう!といった雰囲気です。
町では人が逃げ惑っていますし、どのアリーナもかなり作り込まれていて、ほとんどのオブジェクトを投げたり破壊したりできます。
バトルの終盤では、立体的だったフィールドが焼け野原になっていることがほとんどです。(笑

ステージは円形のバリアで囲まれていて、そこから出ることはできません。
一部のステージではエリア収縮があります。一定時間経過後にマグマや津波等が迫ってきます。

対戦を盛り上げるカメラワーク

見下ろし視点で、上空から舞台を俯瞰します。
カメラワークが秀逸で、キャラ達が離れている時は全員が収まるように引き画面。必殺技が炸裂する時はググッと寄ります。
細部まで設定されたキャラのモーションと、ド派手なエフェクトの演出・作り込まれたフィールドが、どの視点で見てもとても見栄えするものとなっていて対戦を盛り上げてくれます!

ゲームモード

ローカル対戦

全てのモードで、4人オフライン対戦が可能。

■みんなで対戦

最大4人のバトルロイヤル。

■チームで対戦

2対2のチーム戦。

■どんちゃん対戦

特殊ルールで戦うミニゲーム集。以下のような様々なルールがあります。

  • 狭い足場で敵を場外に吹き飛ばす
  • 1人の巨大ボスをみんなで倒す
  • UFOを投げ合う
  • 深い巨大穴に敵を落とす
  • 一撃で即死する
  • ハンバーガーを投げ合う
  • 大木を持って殴り合う
  • 王冠を奪い合う
  • 銃を撃ち合う
  • オーブを集め最初に巨大化するのを競う
  • 大量の光球を集めた数で競う
  • 一定時間で爆発する巨大爆弾を押し付け合う
  • ターゲットとなる建物の破壊を競う

オンライン対戦

オンライン専用モード。

ストーリー

ソロプレイ用のモード。「ゴロゴン」「ピピジュラス」「ウーリー」「サンダトロス」の4体を主役とし、ステージクリア方式で物語を進めます。
それぞれパロディ満載のしっかりした物語が用意されており、難易度設定もいくつかから選べます。
アクションゲーム風のステージも多く、このモードだけの楽しさがあります!

その他

収集したイラストや、緻密に設定された世界観やキャラ設定等を見ることができる「ギャラリーモード」等があります。

魅力的なキャラクター

操作できるキャラは現状10体。
それぞれのモーションはとても細かく作り込まれており、個性あふれる技を持っています。好みのキャラを見つけましょう。

ゴロゴン

巨大な2本の腕が特徴で、マグマ・岩肌といった、大地のイメージ。近接戦闘が得意。

  • ダブルパンチ … 力を貯めて、両腕で同時パンチ
  • トルネードスピン … 両腕を広げた回転パンチ
  • マグマの怒り … 地面を連続パンチし、周囲ごと吹き飛ばす
日本愛を感じる!元ネタ考察

巨大な腕と体表は『EXレッドキング』ですね。怪力の象徴です。
ちょっと抜けた顔とツノは『ミクラス』か。ポケモンやホイポイカプセルの元となったと言われる「カプセル怪獣」です。

ピピジュラス

超能力的なエネルギーの使い手、中長距離が得意なスナイパー。

  • 溜めエネルギー砲 … 力を貯めて長距離砲を発射
  • エネルギーシールド … バリアーで敵の攻撃を防ぐ
  • ブラックホール … 全てを吸い込むブラックホールを出す
日本愛を感じる!元ネタ考察

頭部フォルムと発光オレンジは『メトロン星人』。超シュールな回で有名。
腕は『バルタン星人』ですね〜。ウルトラ怪獣としては知名度ナンバー1!

サンダトロス

少年が操縦する、巨大ロボット。雷を操り大剣で戦うパワータイプ。カラバリがかっこいい。

  • ライトニングストライク … 狙った場所に雷を落とす
  • ディバインブレード … エネルギーを集中させた剣を振り下ろす
  • ヘヴンスプリッター … 高速移動で切りまくる。霹靂一閃。
日本愛を感じる!元ネタ考察

全体の重厚感は戦隊モノの合体ロボですね。分離はしないですが。
顔は人間風パーツがあるタイプ。個人的にはサンライズの無敵シリーズを思い出しました。

ウーリー

雪を使った攻撃が得意な、陽気なイエティ。

  • ゆきだま … 大きな雪玉に変身して、転がって攻撃
  • すいこむ … 口の中に敵や飛行物を吸い込む
  • なだれ … 雪玉になった大量のイエティ仲間が雪崩のように通り過ぎる
日本愛を感じる!元ネタ考察

イエティ・雪男モチーフのウルトラ怪獣は『ウー』や『スノーゴン』がいますが…モデルというほどではないですね。
モノを吸い込む・カワイイということで、『カービィ』がモデルかもしれないですね〜。

ギガマン

スピードと技のコンボが売りの、ベテランヒーロー。レスラーみたいな体型ですね。

  • バーストパンチ … 前にダッシュしながらの連続パンチ
  • ギガビーム … 決めポーズの後に繰り出される必殺光線
  • ハイパーギガビーム … 上空から、場所を指定して強力なビームを浴びせる
日本愛を感じる!元ネタ考察

言うまでもなく、『ウルトラマン』がモデルですね。
メタボで肥満なのは、日本の作品ではありませんが『Mr.イ●クレディブル』を思い出します。

スコウラック

毒を使った攻撃が得意な、カタツムリ型怪獣。

  • ハンティングスカル … カタツムリの殻を投げ、追尾攻撃
  • レイヴンクロー … ジャンプして、回転しながら落下攻撃
  • ポイズンアウト … 自分の周りの広い範囲に毒攻撃
日本愛を感じる!元ネタ考察

白黒時代の「ウルトラQ」には、『ナメゴン』、『ゴーガ』といった似た形状の怪獣がいますが、どちらかというと『ツインテール』『モスラ(幼虫)』といった異形系の立ち位置かもしれませんね。

ロハナ

植物のような姿の、大地を味方につけた召喚士。

  • 瞬間移動… 他の場所に瞬間移動。テレポート前後で攻撃が可能
  • 臣下召還 … 敵を追尾する小さな植物生命体を召喚
  • 治者之命 … 自動で戦う巨大な生命体を召喚
日本愛を感じる!元ネタ考察

ウルトラ怪獣にも植物系怪獣は多数出ていますが、個人的にはゴジラの『ビオランテ(花獣形態)』を思い出しました。

テッキンコング

つぶらな瞳の魂を持ったビル。ダメージをくらうと、体にヒビが入ります。

  • 頭上注意 … 回転しながら直線攻撃
  • 撮影禁止 … あらゆる窓から発光。くらった物は移動操作が正常にできなくなる
  • 建設業許可第555号 … 巨大ビルとなり、敵を踏み潰す。最後に上記の目潰し
日本愛を感じる!元ネタ考察

怪獣映画では破壊される担当のビルに生命を持たせるのは面白い発想ですよね!名前は『キングコング』ももじってます。元ネタではありませんが『モチロン』を初めて見た時のような「エッ」感がありました。(笑

ラワ

威厳漂う古代のドラゴン。どっしりしているので歩くのは遅いですが、距離を詰める攻撃が多い。

  • カイザーホーン … ツノによる突進攻撃。移動も兼ねる
  • スーパーノヴァ … 周囲に小爆発を起こす
  • レッシェンフレア … かなり遠距離まで届くブレス攻撃。最後はビーム状に
日本愛を感じる!元ネタ考察

頭部の形状は違いますが、攻撃方法やオーラはズバリ『ゴジラ』ですね!万人が認める怪獣界の王。

ハイスペックマシン x 4人対戦ゲーム

一般的に4人対戦ゲームは、処理速度の都合・ごちゃごちゃしない見易さが求められるので、シンプルなものが多いです。
が、本作は作り込みとマシンスペックを最大に活かすことで、見やすさと賑やかさを両立している、稀有なゲームです。
こちらのPlayStation公式ブログの記事でも、本作は「ローカル対戦で遊ぶのがベーシック」とスタッフの方が語っています。我々オフライン勢にとって、とてもありがたいですね!!
日本への深い愛にも感謝しつつ、わいわい4人でのド派手対戦格闘を楽しませてもらいましょう!

PS Plus エクストラで無料
購入する(PS Store)
定価:3,300円
(最安値:2,310円)
※PS Storeへのリンクボタンです。移動後、SONYからお買い求めください。ここからゲームを購入されても、当サイトに紹介料等は一切発生しません。
オフライン4人対応ゲームリスト(615本!)はこちらから
ゲームリスト (615本ご紹介)はこちら! >>
チチの独り言
マレーシアに本拠を置く会社の作品ですが…日本への愛が凄まじいです。タイトル画面から、円谷プロの古えのビジュアル感満載。戦いの舞台となるアリーナも、日本が複数チョイスされてます。
ゲーム中のオプションで、カラーフィルターをかけられます。「白黒」「セピア」「昭和其の壱・弐」「GB」「ブラウン管」「ミニチュア」と色々あるのですが…一部、昔の白黒映画のような見た目になり、ここにも日本愛を感じます!

こんな記事も読まれています

セール情報!